弁護士法人宇都宮東法律事務所

028-612-6070

028-612-6070

相談予約はこちら

交通事故でお悩みの方へ

このようなお悩みはございませんか?

  • ・保険会社から提示された示談金が低すぎる
  • ・保険会社の対応に納得がいかない
  • ・適正な後遺障害等級を獲得したい
  • ・過失割合に納得がいかない
  • ・治療費の打ち切りを宣告された
  • ・ご家族が死亡事故にあった

宇都宮で数少ない「被害者専門」の事務所です

交通事故事件の解決には、保険や医学の知識といった法律以外の知識も必要となるため、交通事故に注力する弁護士を選ぶことが大変重要です。交通事故で県内最大規模の実績を誇る宇都宮東法律事務所は、宇都宮で数少ない「被害者専門」の事務所でもあります。

交通事故は弁護士の力量や経験、方針が、賠償金や示談金の額面に大きな差としてあらわれる分野でもあります。たとえば、早期解決に重点を置く弁護士の場合、裁判所基準の7〜8割程度での示談成立も珍しくありません。それもひとつの解決ではありますが、額面では少なくとも数十万円以上という差が出てしまいます。

ご依頼者様が納得できるまで妥協しません

当事務所では被害者救済という使命のもと、示談の段階から限りなく最高基準に近い金額での示談成立を目指しています。被害者の立場とお気持ちに寄り添い、ご依頼者様が納得できるまで保険会社と徹底的に交渉することをお約束します。

過去には保険会社が87万円で提示してきた示談金を粘り強く交渉を行った結果、469万円の獲得(382万円の増額)に成功した実績もあります。

加害者と被害者の責任の割合をあらわす過失割合についても、示談交渉で合意できなければ、ご本人と相談した上で速やかに訴訟に踏み切ります。訴訟になれば多少時間はかかりますが、過失割合の違いで被害者が手にできる賠償金が大きく増減しますので一切妥協いたしません。

適正な後遺障害等級獲得はおまかせください

交通事故では、残念ながら治療で治らない痛みや障害などの後遺症が残ってしまう場合があります。その場合、後遺障害の程度をあらわす等級認定の申請をして賠償金の請求ができますが、その等級ひとつで賠償金が大きく変わるため、等級が正しく認定されるかがポイントとなります。

当事務所の最大の強みは、後遺障害認定の知識が豊富な弁護士及び専門スタッフが所属し、適正な後遺障害等級を獲得するためのサポート体制が万全であることです。等級認定について専門的知識を有する事務所は、県内に限らずそう多くはありません。

的確なアドバイスと医療機関との連携でサポート

適正な等級を獲得するには、後遺障害を証明できる医学的資料を用意することが重要です。当事務所では検査設備が整う病院や、画像鑑定を得意とする医学専門の調査機関と連携があり、充実した証拠資料を作成することができます。治療費の打ち切りについても回避をサポートできます。

また、いつから通院しはじめるべきか、どのような検査が必要か、医師への症状の伝え方など、豊富な実績から得た当事務所独自のノウハウで、賠償金や示談金を増額するための細かなアドバイスをすることが可能です。

賠償金の増額を望むならお早めのご相談を

交通事故のご相談は早ければ早いほど賠償金が増額できる傾向があります。どのタイミングでもご依頼はお受けできますが、最適なタイミングとしては示談の提案があってから、よりは「事故後すぐ」または「治療中」のほうが、後日、適正な賠償の提案を受けるためのアドバイスが可能ですので、おすすめです。

弁護士が早めからサポートすることで、保険会社に適切に対応することができるだけでなく、被害者の方は手続きの手間やストレスから解放され、治療に専念していただけます。

発生件数の少ない死亡事故・遷延性意識障害などの重大事故の賠償問題経験も多数ございます。ご遺族、そして被害にあった方のためにも最後まで徹底して問題に取り組むことを約束します。

増額できなければ弁護士費用はいただきません

「弁護士費用が心配」という方も多いでしょう。当事務所では交通事故分野においては、相談料・着手金は無料なので初期費用の必要がなく、もし賠償金を増額できなかった場合は費用を一切いただきません。つまり依頼者が損をすることは絶対にありません。

賠償金の増額に自信があることはもちろんですが、それ以上に交通事故の被害者を救済したい、適正な賠償金を受け取ってほしいと思いからです。

多くの自動車保険についている「弁護士費用特約」もご利用いただけます。弁護士への報酬や訴訟・仲裁・和解に要する費用は保険会社から支払われますので、自己負担なしでご依頼いただけます。

関連リンク

  • 交通事故の無料相談はこちらから
  • 交通事故のポータルサイトはこちらから

お悩みの際は、まずご相談ください

「弁護士に相談しなきゃいけないトラブル?」と不安に感じたら、すぐにご連絡ください。